ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
CentOS 6.3(6.4)に挑戦 : 16:NFSを設定する。
投稿者: f-otake 投稿日時: 2012-9-6 22:36:16 (2806 ヒット)
CentOS 6.3(6.4)に挑戦

nfs-utilsは最初からインストールされていたので、/etc/idmapd.conf を設定する。

Domain = kinryokai.net ←コメントを外し、自分のドメインにする。

/etc/exports は
/Download/NfsDir 192.168.xxx.0/24(rw,no_root_squash,no_all_squash) 

この意味は、このサブホストの /Download/NfsDir を他のホストから見えるように、アクセスできるホストは192.168.xxx. つまりlocal network からだけ、RWモードで、rootを許可し、そのままの権限でアクセスさせる。
# service rpcbind start
rpcbind を起動中: [ OK ]
# service nfslock start
NFS statd を起動中: [ OK ]
# service nfs start
NFS サービスを起動中: [ OK ]
NFS クォータを起動中: [ OK ]
NFS mountd を起動中: [ OK ]
NFS デーモンを起動中: [ OK ]

とそれぞれのサービスをスタートさせる。
上記はCentos6の時、Centos5は service rpcbind start がservice portmap start になる。
私は今だけ使うので、再起動後に有効にする必要は無いので chkconfig には設定を加えなかった。
ここからはNFSクライアント側の設定
nfs-utils はインストール済みだったので、/etc/idmapd.conf を設定する。
Domain = kinryokai.net ←コメントを外し、自分のドメインにする。

クライアント側で必要なサービスを走らせる。
下記はCentos5の時、Centos6では portmap の代わりに rpcbind と rpcidmapd をstartする。
# service portmap start
portmap を起動中: [ OK ]
# service nfslock start
NFS statd を起動中: [ OK ]
# service netfs start
その他のファイルシステムをマウント中: [ OK ]
# mount -t nfs -o rw web.kinryokai.net:/Download/NfsDir /test1
mount: mount to NFS server 'web.kinryokai.net' failed: System Error: Connection refused.
とエラーが出た。そう言えば web.kinryokai.net を簡易DNSであるdnsmasqが走っているホストの /etc/hosts に設定をしていなかったので、設定後、dnsmasq を再起動するとマウント出来た。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
テーマ選択

(4 テーマ)
ミニカレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
ピックアップ画像
?_20160204_10_32_01.JPG
最近の画像
人気画像
ギャチュンカ... (4861 hits)
ギャチュンカ...
ゴーキョピー... (4809 hits)
ゴーキョピー...
タムセルク残... (4735 hits)
タムセルク残...
ばあちゃんミ... (4731 hits)
ばあちゃんミ...
ヒマラヤ壁 (4686 hits)
ヒマラヤ壁
Powered by Xoops2 Theme Modified by F-Otake
copyright (c) 2006 All rights reserved.