ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
Mondoを試す : 2:リストアを試す
投稿者: f-otake 投稿日時: 2016-1-4 21:16:11 (249 ヒット)

早速、作成したDVDでコンピューターを立ち上げますが、万が一リストアに失敗したら大変ですので、あらかじめバックアップを取っておきます。
私の場合はサブのコンピューターでしたので、最悪の場合メインのコンピューターから復元できますのでバックアップは取りませんでした。
なにはさて置き、BIOSを変更し、DVDドライブからブート出きるようにしてからブート。
初期画面が表示されEnterでリストアにしたいが、あれれ!!!カーネルパニックでOSが立ち上がらない。そう言えばこのコンピューター、CentOS6.7のLIVE DVDからもブートしなかったけ。でもおなじDVDは他のマザーボードでは問題無し、なので他のコンピューターから起動するもカーネルパニックになってしまう。エラーの内容は

/init: error while loading shared libraries: libm.so.6:
cannot open shared object file: No such file or directory
でもチェックすると /lib64 には入っている。/libには無いが、x86_64systemだから無くてもいいのでは?
追記:この原因は mindi と mindi-busybox が32ビットだった。ここを参照
だったら前に作成したCD-ROM(以前に /var/cache/mindiに有った mondorescure.iso を焼いたもの)で試した。
画面が出たら”expert”と入力しEnter。おーおー立ち上がったぞ。しかしいろいろエラーが表示されたが関係ないみたい。ともかくコマンドプロンプトが出た。そこで
mondorestoreと入れEnter。
Interractivelyを選びEnter
DVD Disksを選びEnter
mountlist(fstab)が表示されるが全くのデタラメ、何がいけないかと言うと私が /dev/sda に作成している lvm が filetype と mount point とも lvm として入っている。
それ以外は良さげだが TABキーと↓キーでこれらをこれらを全部 delete し(/以外)。OK を選びEnter (その際/のサイズを確認しておく事、もし違っていたらdeleteし、新たに作る事、私はSWAP領域も消した。無くても後から作れる。ブートする事が一番大事)
Are you sure ......とmountlistを保存していいかと聞いてくるので Yes (ここではパーティションは変えないと言っている)
Do yu want to erase and partitions your harddrives?絶対に No(パーテションを再作成したら、LVMに保存してあるデーターが消える)
Do yu want to format your harddraives ?絶対に No(フォーマットしたら保存してあるデーターが消える)
Could not mount device(s)
/dev/Data/Kvm-Backup
と表示され Abort するかと聞いているので No を選びEnter
注釈:これは原因がある。このCDを作ったときの名は確かにエラーに表示された名前だったが、今は KvmBackup と名前が変更になっているので
Restoreするかと聞いてくるので Yes を選びEnter
データーディスクであるDVD #1 を入れろとくるので、作成したエラーでカーネルパニックになるDVDを挿入(データーとしては使える)
ここで15〜20分位かかり、
Initialize the boot loader は Yes
Regenerate your initrd は No
mountlistを変えたかと聞いてくるが、これは前に変更しOKしたものからさらに変えたかと言う意味らしいので No (Yesにするとmountlistの編集になるが訂正してあるものが表示される)
Label を付けるかはどちらでもいいが私は No にした。
これでやっと終了:プロンプトで exit とやるとリブートするらしいが、私の場合はリブートしなかったので、リセットSWでリブートさせた。
わざとDELETEしたユーザー・ディレクトリーが復活しているので、ちゃんとリストアーされたみたい。又、フォーマットしていないのでファイルのダブリが気になったが、上書きで作っているみたいでおかしな事にはならなかった。
最後にカーネルパニックにならなかった Mondorescure のバージョンは 3.0.0-r3332 で パニックになったのは 3.0.1-r3456 でした。
これからパニックになったDVDをどうやって修復するか研究中です。原因はここを参照
又、まっさらなHDDにもレストア出来るか試すつもり。
それともう一つ注意点:ディスクのUUIDに関する問題。今ではパーティションの指定にUUIDを使うのが主流だが、HDDを新しくするとUUIDも変わるのでブートしなくなる。blkidなどで調べて変更してもいいが、何かとツマヅキの原因になるので、私は fstabとgrub.confのパーティションの指定には /dev/sda1 や kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-573.el6.x86_64 ro root=/dev/sda1 ..... 等を使っている。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
テーマ選択

(4 テーマ)
ミニカレンダー
前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
ピックアップ画像
2012/7唐松岳 11
最近の画像
人気画像
ギャチュンカ... (5076 hits)
ギャチュンカ...
ゴーキョピー... (5016 hits)
ゴーキョピー...
ばあちゃんミ... (4955 hits)
ばあちゃんミ...
タムセルク残... (4946 hits)
タムセルク残...
ヒマラヤ壁 (4881 hits)
ヒマラヤ壁
Powered by Xoops2 Theme Modified by F-Otake
copyright (c) 2006 All rights reserved.