ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Linux (サーバー制作) : 36:カーネルイメージからサブホストを直接起動する
投稿者: f-otake 投稿日時: 2016-6-14 11:43:31 (7126 ヒット)
Linux (サーバー制作)

KVMを使用して普通にサブホストを作ると、領域1(イメージファイルやLVM)の中にさらに領域2を作って(複数の領域を作れるようにする為?、ルートやスワップなどの複数の領域為?)しまいます。画像0
ここで一番問題になるのはバックアップの方法です。私はbaculaを使用し、サブホストをバックアップしていますが、これでは完全なバックアップになりません。というのもこのバックアップは領域1の中の領域2をバックアップしているので、baculaでリストアしてもそのリストアしたデーター(領域2)をさらに領域1の中に入れ込まなければ、完全なサブホストのバックアップになりません。私はその方法が解りません(ddコマンドで作れそうですが??)
なので、一度作成したサブホストを、カーネルイメージから直接起動する様に変更しました。これでbaculaでリストアされたサブホストもそのままリストアできます。(領域の中に入れ込まなくてもよい)
只,わたしはKVMを正式に勉強したわけではなく、又、真剣にググった訳でもないので、かなりいい加減です(でもちゃんと動いています)
その過程の中で疑問に思ったのが、
仮想マシンマネージャーで、サブホストを指定し、開くアイコンをクリックし、開いたウィンドウの電球アイコンをクリックし、左ペインの Boot Options をクリックし、さらに右ペインで、Direct kernel boot をクリックすると展開された中に Kernel path:、initrd path:、kernel auguments: があり、最初の二つには Browse アイコンがあります。画面1。そこで、それらを選べますが、
ここで問題!この時点での作業はメインのOSでしているので、ブラウズ出来るのはメインの中だけです(サブホストはマウントされてない)でもサブホストの指定だよなー?
と言う訳で実験
1:メインのホストとサブホストに同じバージョンを入れる
 例:Kernel path: /boot/vmlinuz-2.6.32-642.el6.x86_64
   Initrd path: /boot/initramfs-2.6.32-642.el6.x86_64.img
   Kernel arguments: root=/dev/vda
 ブートOK
2:メインのホストにはあるがサブホストにはない場合
 例:Kernel path: /boot/vmlinuz-2.6.32-573.el6.x86_64
   Initrd path: /boot/initramfs-2.6.32-573.el6.x86_64.img
   Kernel arguments: root=/dev/vda
 途中で could not load /lib/modules/2.6.32-573.el6.x86_64/modules.dep: No such file or directory
 と表示されログイン出来る状態だが、まともに動かない筈。どういう事か、最初のブートではメインの/bootを見て,途中からサブホストの/libを見にいくが、サブホストにはないのでエラーとなっている。

3:サブホストにはあるがメインのホストにはない場合
 例:Kernel path: /boot/vmlinuz-2.6.32-642.1.1.el6.x86_64
   Initrd path: /boot/initramfs-2.6.32-642.1.1.el6.x86_64.img
   Kernel arguments: root=/dev/vda
 ブートすらしない。
 Errot starting domain: unable to set user and group to '107:107' on '/boot/vmlinuz-2.6.32-642.1.1.el6.x86_64': No such directory
 と表示されブートが止まる。

ということは最初はメインのOSの /bootを見て、途中からサブホストを見ていることになると思う。
と言う訳でここから作業
まず、サブホストのvdaに指定される領域(私はLVM)をddコマンドでバックアップ
# dd if=vdaに指定されている領域 of=バックアップを保存する領域
サブホストのルート領域をマウントしますが、前に触れたようにこの中にさらに領域を作っているので
# lesetup -f
で使える最初のloop番号を調べる。何もしていなければloop0の筈
# losetup /dev/loop0 ddでバックアップされた領域
# kpartx -a /dev/loop0
# ls /dev/mapper
で展開された領域を調べる、loop0p1やloop0p2 等がある筈、私はここにはルート領域のみしか作っておらず、スワップや他の領域は別のlvでマウントしているので、あるのはloop0p1だけ
# mount /dev/mapper/loop0p1 /test1 ← 私はテスト用にこのdirectoryを作っている
これでサブホストのルート領域が/test1にマウントされた。私は/bootは別の領域にせず全部ここに入っている。
次にサブホストに使っている領域をフォーマット(私はLVM)
# mkfs.ext4 /dev/VG名/LV名
これで、このままではサブホストを二度と起動で出来ない!
# mount /dev/VG名/LV名 /test2 ← 私はテスト用にこのdirectoryを作っている
# cd /test1
# cp -pr ./ /test2
これで、しばらくするとコピーが終わるので、後処理
# cd
# umount /test1
# umount /test2
# kpartx -d /dev/loop0
# losetup -d /dev/loop0
これで準備が出来たので、前項の 1:メインのホストとサブホストに同じバージョンを入れる と同じように(もちろんカーネルバージョン等は自分にあわせる)Direct kernel boot を設定する。
尚、Kernel arguments: にvda になっているのは、DISK1 に VirtIOを指定している為、ここがIDEだと違うはず、/etc/libvirt/qemu/サブホストxml を見れば指定が解る。
これでサブホストを起動すれば問題ない。
2016ー6ー16追記:大嘘を言っていました。このままでは起動できません。と言うのもフォーマットをするとディスクのUUIDが変わり、grub.confにあるブートdiskが古いUUIDのままだからです。と言う訳でgrub.confを修正しますが、この際UUIDでなく、ディスク(vda)の指定にします。と言うのもサブホストのルートのディスクはVirtIOを使用し、素直に作ると、必ずvda になるからです。ですので再度マウントし、編集します。
# mount /dev/VG名/LV名 /test2
# gedit /test2/boot/grub/grub.conf

抜粋
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.32-642.1.1.el6.x86_64)
 	root (hd0,0)
	kernel /boot/vmlinuz-2.6.32-642.1.1.el6.x86_64 ro 本当はここから次のタイトルの前までは1行
    root=UUID=467a31a2-d8b5-4b05-8878-0d65d0015be4/dev/vda ここを変更する
        rd_NO_LUKS LANG=ja_JP.UTF-8 rd_NO_MD SYSFONT=latarcyrheb-sun16
        crashkernel=auto  KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=jp106 rd_NO_LVM rd_NO_DM rhgb quiet
        enforcing=0 	initrd /boot/initramfs-2.6.32-642.1.1.el6.x86_64.img
title CentOS (2.6.32-573.26.1.el6.x86_64)
以下省略、注:root=の指定は他にもあるので全部変更する

もう一つ変更しなくてはならないファイルがある。fstabです。
どうも私はディスクの指定にUUIDを使うのに抵抗がある。確かにsda1等を使うと、認識の順序が変更になると問題がありますが、LVMを使えばこの問題はなくなりますし、
今回の様に仮想化もvdaを使えばいいのです。ともかくfstabを修正
# gedit /test2/etc/fstab
抜粋
UUID=467a31a2-d8b5-4b05-8878-0d65d0015be4/dev/vda     /	ext4    defaults        1 1 UUID=...... を /dev/vda に修正
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
そして保存後、umountし、起動すればよい

PS:/etc/libvirt/qemu にある .xmlファイルの抜粋を参考の為に下記に示します。
普通にサブホストを作った時
  <os>
     <type arch='x86_64' machine='rhel6.5.0'>hvm</type>
     <boot dev='hd'/>
   </os>

カーネルイメージからサブホストを直接起動する設定の時
  <os>
     <type arch='x86_64' machine='rhel6.5.0'>hvm</type>
     <kernel>/boot/vmlinuz-2.6.32-642.el6.x86_64</kernel>
     <initrd>/boot/initramfs-2.6.32-642.el6.x86_64.img</initrd>
     <cmdline>root=/dev/vda</cmdline>
     <boot dev='hd'/>
   </os>
この様にDirect kernel bootで指定した"kernel, initrd, kernel argumenyts(cmdline)"が追加されています。
2016ー6ー16追記:今日sambaの入っているサブホストを同じようにやっている時、cp -pr ./ /test2 の所で、
cp: preserving permissions for `/test2/./var/lib/samba/sysvol/kinryokai.net/scripts': サポートされていない操作です
cp: preserving permissions for `/test2/./var/lib/samba/sysvol/kinryokai.net/Policies/
{31B2F340-016D-11D2-945F-00C04FB984F9}/USER': サポートされていない操作です 本当はこの行は上の行と同じ行です。
以下省略
とエラーがいっぱい出ていた。エラーの所を見ると
# ls -la /test1/var/lib/samba/sysvol/
合計 20
drwxr-xr-x+ 3 root    root    4096 12月 17 17:52 2015 .
drwxr-xr-x. 7 root    root    4096  1月 30 22:18 2015 ..
drwxrwx---+ 4 3000017 3000000 4096  6月 27 20:50 2014 kinryokai.net
ちょっと見にくいが + が付いているのでACLが効いているので、エラーになった見たい。でも /test1 と /test2 を比較しても、パーミッション、オーナー、ファイルの数やサイズを見てもまったく同じであるので正しくコピーされている見たい。それでこのサブホストを起動しWindowsからファイルサーバー(アクティブディレクトリーを使用したsamba)をテストしたが問題ない見たい。
でもコピーされた方にはACLの設定がなされてない見たい。これは問題、色々ググったらcpはACLに対応していないそう。Starと言うのが対応しているみたいなので、近日この項に結果を書きます。
2016-6-19追記:色々トライしてみましたが、getfact, setfaclを使用するのが簡単だった
まずはオリジナルのvdaをマウントするが、例によって領域の中に領域なので
# losetup /dev/loop0 ddでバックアップされた領域
# kpartx -a /dev/loop0
でloop0に本来ルート領域をマウントする(画像0の領域2)
# ls /dev/mapper/
でマッパーを見るとloop0p1等がある。
# mount /dev/mapper/loop0p1 /test1
で/test1にマウントして、
# cd /test1/var/lib/samba/
で該当個所に移動
# getfacl -R * > /root/acl-backup
でACLをバックアップ。
次に使用しているvdaをマウントしますが、ACLの設定をするので
# mount -o rw,acl /dev/VG名/LV名 /test2 私はLVMを使用
でオプションで ACLなどを指定し/test2にマウント
# cd /test2/var/lib/samba/
で該当個所に移動
# setfacl --restore=/root/acl-backup
でリストアする。
ACLの確認
# ls -la sysvol/kinryokai.net/
合計 32
drwxrwx---+ 4 3000017 3000000 4096  6月 27 20:50 2014 .
drwxr-xr-x+ 3 root    root    4096 12月 17 17:52 2015 ..
drwxrwx---+ 4 3000017 3000000 4096  6月 27 20:50 2014 Policies
drwxrwx---+ 2 3000017 3000000 4096  6月 27 20:50 2014 scripts

他のディレクトリーも調べたがOKだった。
あと、ACLの設定をしたので fstabを変更する(変更しないで起動するとACLの設定が反映されていなかった)
でも、領域の中に領域を作った(つまりオリジナル)vdaで起動すると fstab にはACLの設定が無いが、ACLの設定は反映している!
何で!!ともかくfstabの変更
# gedit /test2/etc/fstab
抜粋
/dev/vda   /          ext4       defaults,acl   0 0 ← ,aclを追記
保存後、後始末
# cd
# umount /test1
# umount /test2
# kpartx -d /dev/loop0
# losetup -d /dev/loop0
でもって、起動すればOK
2016-6-21追記
色々調べると、現在は tarも--aclオプションがあり対応しているようですので、その方法
サブホストの領域をフォーマットするまでは同じですが、これをマウントする所からが違います。
# mount -o rw,acl /dev/VG名/LV名 /test2
でオプションで ACLなどを指定し/test2にマウントしておきます。
次に/test1にマウントしたルート領域を tarで保存します。
# cd /test1
# tar --acls -cvf /tmp/subroot.tar ./
この様に --aclsオプションを付けて保存します。私はこのtarファイルが7GB弱になりましたので、保存場所(この場合は/tmp)の空き容量に注意してください。
これを復元します。
# cd /test2
2018-9-5追記:
今日 bacula でバックアップしたサブホストのルートファイルシステムをリストアして boot すると
according to mtab, /dev/vda is already mounted on sysroot と表示されカーネルパニックで起動できない。google先生に聞くと
ここに回答があった
/proc と /sys が無いのが原因。考えてみれば、この二つのディレクトリーはバックアップしていない、だがディレクトリー自体は作っておかないといけない。
これらを作成後は起動できたが、mysqld のスタートに失敗する。ログを見ると /tmp にディレクトリーを作ろうとして失敗している。/tmp のオーナーは root でアトリビュートは755でmysqld はrootメンバーでは無いので、少しセキュリティー的には弱くなるが777にしちゃえ。

Printer Friendly Page Send this Story to a Friend
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
テーマ選択

(4 テーマ)
ミニカレンダー
前月2024年 4月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<今日>
ピックアップ画像
2007-09-16-10鐚
最近の画像
IMG_0004.jpg (2023-3-17)
IMG_0004.jpg
IMG_0003.jpg (2023-3-17)
IMG_0003.jpg
IMG_0010.jpg (2023-3-17)
IMG_0010.jpg
IMG_0013.jpg (2023-3-17)
IMG_0013.jpg
IMG_0007.jpg (2023-3-17)
IMG_0007.jpg
IMG_0005.jpg (2023-3-17)
IMG_0005.jpg
IMG_0002.jpg (2023-3-17)
IMG_0002.jpg
IMG_0011.jpg (2023-3-17)
IMG_0011.jpg
IMG_0009.jpg (2023-3-17)
IMG_0009.jpg
IMG_0008.jpg (2023-3-17)
IMG_0008.jpg
人気画像
ゴーキョピー... (5999 hits)
ゴーキョピー...
ギャチュンカ... (5859 hits)
ギャチュンカ...
ばあちゃんミ... (5759 hits)
ばあちゃんミ...
ヒマラヤ壁 (5666 hits)
ヒマラヤ壁
タムセルク残... (5474 hits)
タムセルク残...
Powered by Xoops2 Theme Modified by F-Otake
copyright (c) 2006 All rights reserved.