ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
投稿者: f-otake 投稿日時: 2015-12-1 8:34:50 (283 ヒット)

私は10Aのモバイルバッテリーを持っているが、このバッテリー I-Phone に充電できない。
理由:中国でいい加減な充電器が出回り、IーPhone が故障する事態が発生し、APPLEがOSを変更し、認証を受けないと使え無いようにした。
これは正しいやり方だが、認証を受けた充電器やモバイルバッテリーはかなり高価になる。
USBの端子は全部で4本しかないし、このうち2本は電源で、2本が信号線である。これらを使って認証を判断しているのだろうが、そんなに複雑な事は出来ない筈である。
と言うわけで、IーPhoneに付いてきた充電器を調べると信号線の2本が数十オームで繋がっていたので、テストではここをショートし、電源線に供給する電圧を可変していくと(正確には覚えてないが)5V付近では充電したが5.1Vでは充電しなかったので、車用の充電器はこれを参考に製作しうまく働いている。
ここからが本題
モバイルバッテリーの電圧を調べると5.15Vあり、これが原因である。解ったけど、どうするか。分解するのもなー
ある時、このバッテリーにアンドロイドの携帯をつなぎ、電流を測ろうとアマゾンで買ったUSB電圧(電流)計をつないでみると、電圧も下がっている。
これは当たり前で、この電圧計、電流も測れるので、5Vのラインに直列に入り電流を測定するので、その内部抵抗分電圧が下がる。
それではと、このUSB電圧計(電流計)をつないでI-phoneをつないで見ると見事に充電し出した。


左はアマゾンで買ったUSB電圧(電流)計、右は充電している所。この電圧計どれだけ正確か不明だが(何せ数百円)、4.7Vまで落ちている。
又、信号線間の抵抗を測ったらオープンだった。だったら自作した車用のI-Phoneの充電器信号線をショートしてあるが必要ないのかも?
I-Phoneが充電できなかったら試す価値あり。
これはバッテリーだが、AC100V(家庭用)の充電器でも同じ。
追記:後日このバッテリーを直接接続しても充電してくれた。これは使っている内に電池が減り電圧が下がったから。電池の電圧が下がるとUSBの電源である5Vも下がるのはどんなものか?そもそもリチューム電池は3.7V位だから、コンバーターで電圧を上げ5Vにしている。その回路の安定化が悪すぎ、でもこのおかげで充電できる!!


投稿者: f-otake 投稿日時: 2014-3-7 12:52:25 (2587 ヒット)

ある時DELLのVOSTRO131で新規ユーザーを作成したら、WEBCAM CENTRALと呼ばれている、WEBカメラが自動的に必ず立ち上がる。
こちらが指示をしていないのに勝手にスタートするポリシーもおかしいが、困った事にmsconfigのスタートアップに表示されないので、スタート時に止められない。色々試した結果、アンチウィルスのソフトが邪魔をしていた。
私はKING SOFTのアンチウィルスを使用しているが、これをすべて止めて再起動してもダメで、アンチウィルスソフトをアンインストールし、再起動をすると、表示が増え3倍位になったリストが表示された。
これでDELL WEBCAM CENTRALが表示されたので、このチェックマークを外し再起動をすると表示されなくなった。やれやれ
ちなみにmsconfigのスタートはスタートボタンをクリック後、プログラムとファイルの検索の窓にmsconfigと入れたら、表示されるので、それをクリック後、表示されたウィンドウの”スタートアップ”タブをクリックすると、設定されている自動起動するプログラムが表示される。
最後にアンチウィルスソフトの再インストールをして置く事


テーマ選択

(4 テーマ)
ミニカレンダー
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
ピックアップ画像
宝剣 参加者
最近の画像
人気画像
ギャチュンカ... (4759 hits)
ギャチュンカ...
ゴーキョピー... (4679 hits)
ゴーキョピー...
タムセルク残... (4629 hits)
タムセルク残...
ばあちゃんミ... (4594 hits)
ばあちゃんミ...
ヒマラヤ壁 (4579 hits)
ヒマラヤ壁
Powered by Xoops2 Theme Modified by F-Otake
copyright (c) 2006 All rights reserved.