ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
投稿者: f-otake 投稿日時: 2017-1-26 13:18:00 (216 ヒット)

まずはCentOS Ver 6.8 を新しいdiskにインストールする。
私が使っているマザーボード(ASUSのM4A785-M)ではインストール後カーネルパニックが出る。
以前に同じようが現象があったのでここを参照、参考にして、ブートメニューが出たら、TABキーを押して、selinux=0 を入力後インストールを進める。これで無事起動した。
インストールは"デスクトップ”を選び、その内インターネットアプリケーションとオフィスを無効にし後はデフォルト
ネットワークは固定IP
一般ユーザーを一人作り、NTPは同期をし、kdumpは無効にした。
一般ユーザーでログイン
$ su -
rootのパスワードを入力
# visudo

# %wheel        ALL=(ALL)       ALL ← 先頭の#を削除

し、Esc、:、w、q、で保存して終わる。
# usermod -G wheel 作成したユーザー
でwheelグループに加入させる。
ここで一度ログアウトし、ログイン後
$ sudo yum update
かなり時間がかかる

yumプライオリティーのインストール
$ sudo yum install yum-priorities
/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoを
[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
priority=1 ← 追記
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

#released updates
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
priority=2 ← 追記
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras&infra=$infra
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
priority=2 ← 追記
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
以下省略

EPELレポジトリーのインストール
$ wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
/etc/yum.repos.d/epel.repoを
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
priority=2 ← 追記
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch/debug
以下省略

必要なパッケージをインストール
$ sudo yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel libcurl-devel
とここでエラー
エラー:  Multilib version problems found. This often means that the root
        cause is something else and multilib version checking is just
        pointing out that there is a problem. Eg.:

           1. You have an upgrade for openssl which is missing some
            dependency that another package requires. Yum is trying to
            solve this by installing an older version of openssl of the
            different architecture. If you exclude the bad architecture
            yum will tell you what the root cause is (which package
            requires what). You can try redoing the upgrade with
            --exclude openssl.otherarch ... this should give you an error
            message showing the root cause of the problem.

           2. You have multiple architectures of openssl installed, but
            yum can only see an upgrade for one of those arcitectures.
            If you don't want/need both architectures anymore then you
            can remove the one with the missing update and everything
            will work.

           3. You have duplicate versions of openssl installed already.
            You can use "yum check" to get yum show these errors.

        ...you can also use --setopt=protected_multilib=false to remove
        this checking, however this is almost never the correct thing to
        do as something else is very likely to go wrong (often causing
        much more problems).

        Protected multilib versions: openssl-1.0.1e-48.el6.i686 != openssl-1.0.1e-48.el6_8.3.x86_64
   エラー: Protected multilib versions: nss-softokn-freebl-3.14.3-23.el6_7.i686 != nss-softokn-freebl-3.14.3-23.3.el6_8.x86_64

どうやらアップデートしたopensslのdependencyが無いと言っているので
$ sudo yum downgrade openssl
でもう一度
$ sudo yum -y install openssl-devel readline-devel zlib-devel libcurl-devel
今度はインストール出来た。
$ sudo yum -y install git
$ sudo chgrp wheel /usr/local
$ sudo chmod 775 /usr/local
でlocalのグループをwheelにし、グループに書き込み権限を与えた(作成した一般ユーザーはwheelグループに入っている)
/etc/profile に下記を追記
echo 'export RBENV_ROOT="/usr/local/rbenv"' >> /etc/profile
echo 'export PATH="${RBENV_ROOT}/bin:${PATH}"' >> /etc/profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> /etc/profile

ここで一度ログアウト
$ rbenv -v
rbenv 1.1.0-2-g4f8925a と表示された
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/rbenv/plugins/ruby-build
$ rbenv install -l
インストール出来るリストがずらずらと表示される。rubyはバージョンだけが表示されるので、最新は2.4.0だったので
$ rbenv install 2.4.0
かなり時間がかかる
$ rbenv rehash
$ ruby -v
でインストールされているバージョンをチェック、次はrailsのインストール
$ gem update --system
$ gem install --no-ri --no-rdoc rails
$ gem install bundler
$ rbenv rehash
$ rails -v
でバージョン確認を確認
これでrailsが使えるようになる


テーマ選択

(4 テーマ)
ミニカレンダー
前月2018年 7月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
ピックアップ画像
DSC_03182007_11_18 07鐚
最近の画像
人気画像
ギャチュンカ... (4781 hits)
ギャチュンカ...
ゴーキョピー... (4711 hits)
ゴーキョピー...
タムセルク残... (4662 hits)
タムセルク残...
ばあちゃんミ... (4627 hits)
ばあちゃんミ...
ヒマラヤ壁 (4607 hits)
ヒマラヤ壁
Powered by Xoops2 Theme Modified by F-Otake
copyright (c) 2006 All rights reserved.